ケース#1 格安留学「スマ留」でマルタ島に行く場合の費用と手続きまとめ

こんにちは、相原 ユーキです。

先日「スマ留」の記事を書いたところ反響があり、既に個別面談の予約もいただいております! ありがとうございます。

費用がネックで海外留学を諦めたあなたには、格安「スマ留」をお薦めしたい

2018.06.17

さて、今回の記事では人気が過熱しはじめている「マルタ島」留学にフォーカスして詳しく説明していきます。

  • マルタってどんなところ?
  • どれぐらい費用がかかるの?
  • どういう手続を踏んでいくの?

といった疑問を、一つずつクリアにしていきましょう!

 

1マルタ島ってどんなところ?

「マルタ島」って名前はよく耳にするけれど、実際どこにあるのかわからないという方も多いんじゃないでしょうか。

ざっくり言うと、ブーツ状のイタリアの「つま先」部分にあるシチリア島の、さらに南に位置する島国です(地中海のど真ん中にあります)。

 

出典:スマ留

マルタ島にぐーっと寄ってみました(写真上)。

スマ留では、❶ セントジュリアンズ ❷ スリーマ ❸ バレッタ の3都市で展開しています(位置関係は上の写真参照)。

出典:スマ留

日本からの直行便は無いので、一旦ヨーロッパ主要国 or ドバイまでフライトして、その後乗り継ぐ感じですね。

あと、意外かもしれませんが、マルタは英語を公用語として話す国ですので留学先としても超穴場だったりします。

マルタ島の街並み

マルタの雰囲気が伝わりそうな素材をいくつか揃えてみました。YouTubeの空撮動画と、Instagramの写真です。

A post shared by LoveMalta (@lovemalta) on

A post shared by Domi (@dommelchen) on

どうでしょう? もちろん「ごく一部」ですが、マルタ島の雰囲気が何となく伝わりましたか?

  • 紺碧の地中海
  • 年間通して温暖な気候
  • 海の幸をふんだんに使った地中海料理
  • マリンリゾートののんびりとした時間
  • 良好な治安

などなど、魅力を挙げるとキリがないぐらいで、「死ぬまでに一度は行きたい」という人も多いんだとか。

CLICK従来の半額以下で海外留学できる「スマ留」の説明会に参加してみる(参加:無料)

 

次のページマルタ留学にはどのぐらい費用がかかるの?